汚い私のお尻!どうすれば綺麗なおしりになる?納得のオススメのケア方法

お尻のたるみの原因は姿勢にあり!どうすれば解消できるのか教えます。

お尻のたるみは誰にでも起こりうる事です。自分からは見えませんが、他人からはとても良く見えるパーツですし、パンツの時は特に、お尻の形は良くわかります。 自分で確認する人も意外に少ないようですが、あなたのお尻は大丈夫でしょうか?お尻と太ももの境目はしっかり見えていますか?

お尻がたるむ原因

たるむ原因は生活習慣にあります。姿勢は体全体にとって重要な事ですが、その中でも猫背はお尻が下がるので、たるむ原因となります。お尻をたるませないためには、背筋を伸ばし、正しい姿勢を身に付けることが重要です。

また、足を組むのは骨盤の歪みを生じます。骨盤の歪みは下半身への影響がダイレクトに現れます。歪むことによって、お尻の筋肉を使うことなく、他の部分を使い身体を動かすことが多くなるため、お尻がたれるだけではなく、お腹のお肉も緩み、足も太くなる可能性があります。

歩き方にも問題があります。膝から下だけを使って歩く方は、体の後ろ側の筋肉を全く使いません。そのため猫背になり、お尻にたるみが出るのです。

運動不足であればさらにたるみはひどくなるでしょう。 お尻の筋肉と、太ももの裏側の筋肉が弱ければ、お尻は脂肪を支えきれずにお尻と足の境目はどんどんなくなっていくのです。

お尻は脂肪の多い部分でもあります。筋肉量より脂肪の重みが勝ってしまえば重力によって下に下がるのは当たり前です。さらに年齢を重ねることにより、皮膚のハリも無くなっていくのです。 お尻のたるみには痩せてるか太っているかは関係なく起こりうるのです。

たるみを解消するには

お尻の筋肉を鍛えることで、たるみが軽減されます。お尻の筋肉とその下の太ももの裏側の筋肉を意識して、少しでも良いのでトレーニングを生活の中に取り入れると良いでしょう。 お尻には、後ろ側の筋肉(大臀筋)とサイドの筋肉(中臀筋)があります。両方を鍛えることで、下がった脂肪を持ち上げるとともに、ハリのあるお尻をつくることが可能です。 骨盤のゆがみを起こさないためにも、運動の前に身体の後ろ側を伸ばすストレッチをする習慣をつけるのも良いでしょう。 また、血行を良くする為のマッサージも効果的です。

歩くときは、膝の裏を伸ばし股関節から足全体を動かすようにします。脚は前に出すのではなく、後ろに蹴るように歩く習慣を付けましょう。お尻と太ももの後ろ側を意識してください。

お尻のたるみは人を老けてみせます。日常生活の見直しと、筋肉を鍛えるエクササイズで、お尻のたるみを改善し、若々しくスタイルの良い後ろ姿になりましょう。

私イチオシのお尻ケア商品『ピーチローズ』

お尻のケア商品を試してみて、一番おすすめだと思ったのが、「薬用ピーチローズ」です。 お尻専用に作られているし、有効な美容成分もしっかり含まれています♪

ブツブツ黒ずみに悩んでいる人に特におすすめ
使用してコンプレックスだった汚いお尻から綺麗なお尻になっていきましたよ^^

1ヶ月以上ピーチローズを使ってみた効果の結果はこちら

おしりトラブル毎の治し方

お尻専用のケア商品一覧

知っておきたいニキビの知識

知っておきたい黒ずみの知識

知っておきたいブツブツの知識

知っておきたいコラム

体験談

ピーチローズの体験談