汚い私のお尻!どうすれば綺麗なおしりになる?納得のオススメのケア方法

お尻を小さくする定番の筋トレ3種類!とりあえずコレをしよう

お尻というのは身体の中でも脂肪の多い場所です。しかし、大きな筋肉もあることから、しっかり鍛えることも可能です。 お尻を小さくしたい、と思う方も多く、特にスリムなジーンズなどを履くときは、お尻が大きければ大きめのサイズを選ばなければならない事もあり、悩みは尽きないと思います。

しかし、お尻を小さくすつために、ただ全身の脂肪を落としただけでは、小さく引き締まったお尻にはならない可能性があります。 また、筋肉不足で脂肪を支える力が足りずお尻が大きく広がって見えてしまっている可能性もあります。 ダイエットすることも良いと思いますが、キュッと引き締まった小さなお尻を手に入れるには、やはり筋トレが必要でしょう。 トレーニングをすることによって、食事制限もそれほどせずに、小尻になれる可能性があます。

お尻を小さくする筋トレ 3種類

スクワット

お尻の大きな筋肉を鍛えるには下半身を中心に鍛えることができる「スクワット」がオススメです。 スクワットをする際の注意点は膝を曲げる時につま先より前に膝が出ない事です。 正しいスクワットをすれば、10×10回の20回もすれば、十分筋肉にアプローチすることが可能です。 今までトレーニングをしたことなない方であれば、大きな効果が望めるでしょう。

ランジ

スクワットと共にお尻の筋肉を鍛えられるトレーニングは「ランジ」です。足を前後に開いて腰を落とすトレーニングです。片方ずつ行うので、左右10回ずつの20回を1セットとします。人によってはスクワットよりもきつい筋トレですが、その分下半身全体の筋肉が鍛えられ、総合的なスタイルアップに効果的です。

ヒップエクステンション

大臀筋を鍛える「ヒップエクステンション」も良いでしょう。両手両足は肩幅で四つんばいになり、片方の足を延ばし腰の高さまで上げます。後ろにあるものを蹴るイメージです。身体は床と水平を保ちます。 ゆっくりと元の位置に足を戻して一回です。左右5回づつの3セットを行ってみましょう。

筋トレの注意点

筋トレは勢いをつけてすると十分な効果が得られません。力を入れる時に息を吐き、ゆっくりと動かします。 また、使っている筋肉を意識して行うことが大切です。できる限り筋肉に集中しましょう。

筋トレは毎日行う必要はありません、一日おきの週3回くらいのペースで十分効果的です。

この程度の筋トレであればあえて筋トレの時間というものを取らなくても十分できると思います。少しの時間、頑張るだけでお尻を小さくできる可能性があるのですから、やってみる価値はあるのではないでしょうか。 また、他にも多数お尻の筋肉をつける筋トレがありますので、慣れてきたら何種類か行ってみたり回数を増やす事で、さらに引き締まった小さなお尻が手に入るでしょう。

脂肪が多く筋トレだけではお尻を小さくすることが難しい場合には、有酸素運動やある程度の食事制限を並行して行うと良いでしょう。

おしりトラブル毎の治し方

お尻専用のケア商品一覧

知っておきたいニキビの知識

知っておきたい黒ずみの知識

知っておきたいブツブツの知識

知っておきたいコラム

体験談

ピーチローズの体験談