汚い私のお尻!どうすれば綺麗なおしりになる?納得のオススメのケア方法

痛いお尻のおでき!おできがおしりにできる原因と治療・予防方法

ツルツルのお肌は綺麗なお尻の条件の1つでしょう。 しかし、お尻は「おでき」や「できもの」ができやすい部分でもあります。 普段は見えない部分なので常に気にすることはないかも知れませんが、座った時などには吹き出物による違和感があるのはとても気になりますよね。 それに、やはりお肌の綺麗なお尻の方がいいに決まっています。 おできの発症を繰り返したお尻には色素沈着もできやすく、黒ずみやくすみも気になります。

お尻のおできの原因

お尻は常に下着や衣服を身に付けている部位です。そのため摩擦も起きやすく、常に清潔に保つことも難しいのです。ニキビの原因であるる皮脂が過剰に分泌されてアクネ菌が繁殖してしまいます。さらには座る行為による圧迫などもあり皮脂が溜まりやすい上、その刺激で角質が溜まり毛穴をふさぎやすい事も原因になります。

また、おできはニキビだけではありません。 毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)のという毛穴のつまりによるできものもあります。こちらは皮膚の疾患ではありますが、見た目が気にならないのであれば特に治療の必要はありません。

身体には様々なおできができる可能性がありますが、お尻の場合は「粉瘤(ふんりゅう)」といわれるものがほとんどです。粉瘤は皮膚の下に皮脂や垢の袋ができるものです。 この粉瘤の場合はニキビのように簡単には治りません。毛穴にくぼみが見られ、繰り返し何度も同じ場所にできるおできであれば粉瘤の可能性が大きいです。 治すには病院での治療が必要になります。ひどくなると細菌が入ってしまう可能性がありますの治療した方が良いでしょう。

おできの治療と予防

おできがニキビである場合はできてしまっても潰すことだけは避けましょう。医師の診察を受けることが一番ではありますが、無理なようであれば、刺激を避け清潔に保つことを心がけます。 入浴時は良く泡立てた泡で優しく洗い、毛穴に汚れを残さないようにします。間違っても潰すようなことはしないようにしましょう。 また、シャンプーなどの洗浄剤が残らないようにしっかりとすすぐことも重要です。

お尻のニキビができるのは新陳代謝が正常に行われていない可能性があることから、基本的な生活習慣を見直すことは大切な事です。 清潔に保つことと食生活の改善を併せて気を付けるようにしましょう。また睡眠を十分に取る事も必要でしょう。

毛孔性苔癬でのぶつぶつが気になる方には、ピーリング剤を使う事で目立ちにくくすることも可能です。お尻はデリケートな部分でもあるので、ゴシゴシ擦る事は避けましょう。また、ピーリング剤の使用頻度や使用方法は正しく守って使用しましょう。 また、ピーリング後や入浴後はしっかり保湿をすることも習慣とすると良いでしょう。

おしりトラブル毎の治し方

お尻専用のケア商品一覧

知っておきたいニキビの知識

知っておきたい黒ずみの知識

知っておきたいブツブツの知識

知っておきたいコラム

体験談

ピーチローズの体験談