汚い私のお尻!どうすれば綺麗なおしりになる?納得のオススメのケア方法

お尻黒ずみをトレチノイン酸を使用して治す

お尻黒ずみは専門医で治療を

お尻は毎日いろいろなダメージを受けています。 その結果ニキビができたり、ブツブツができたり肌トラブルが起こりやすい状態といえます。お尻黒ずみも、これらのダメージが原因となり起こります。自宅でのケア方法もありますが、専門医で治療を受けることで確実に短期間で治せるでしょう。

新しい治療法「トレチノイン酸」

最近お尻黒ずみの治療に効果があるといわれ外用薬として使われるようになってきたトレチノイン酸をご存じでしょうか。これは市販はされておらず、医師の指導のもとでないと取扱いができない外用薬です。

トレチノイン酸は、古くなった角質を取り除く強力な作用があります。 剥がしてしまうので、黒ずみを根本的に治す効果があるといわれています。

使用開始から遅くても4週間で効果を実感できるそうです。

トレチノイン酸はなにからできているの?

トレチノイン酸の主な成分はビタミンAの誘導体です。 これは肌の新陳代謝を促す作用で知られていますね。 この成分は、人間の血液中に存在しているので、アレルギー反応などは起こらないといわれています。しかし100%副作用がないというわけでもないので医師の指導の下、心配なことは相談しながら使用し、治療を進めていきましょう。

湿布後の皮膚反応は

トレチノイン酸を使用すると、角質が剥がれるのが目で見て確認できるので、慣れるまで悪影響ではないかと心配になる人もいるようなので、事前にどのようなことが起こるのか知っておくといいでしょう。 湿布しておよそ2~3日後に皮膚表面の角質が剥がれ始めます。例えると、日焼けした肌の薄皮が剥がれて赤みのある肌が表面にみえるようなイメージです。

他に、ニキビ薬を使い続けると乾燥した白い表皮が剥がれ摂れるような、そのような剥がれ方をする人もいるようです。 こけらは、トレチノイン酸が正しく上手に機能しているから起こる現象です。 気になる場合は、主治医に相談してくださいね。

反対に、トレチノイン酸が皮膚に合わない場合は、皮膚から血液が滲みでているように見える。湿布すると刺激があり強い痛みがある。皮膚の色がきつい赤みに変色している。部分的に皮膚の深い部分にしみるような感じを受ける。などです。このような症状が現れた場合は、すぐに使用を中止し受診しましょう。

保湿をしましょう

トレチノイン酸を使用し、黒ずみを解消した肌は角質が取れているのでバリア機能が低下しています。乾燥によるダメージを受けやすくなっています。黒ずみを取り除き、キレイになった肌を維持するためにも、しっかりと保湿をすることが大切です。

この時、どのような保湿剤の使用が向いているかも主治医に相談するといいですね。市販のものでしたらお尻専用の保湿ジェル ピーチローズがオススメです。 お尻美人になれますように。

私イチオシのお尻ケア商品『ピーチローズ』

お尻のケア商品を試してみて、一番おすすめだと思ったのが、「薬用ピーチローズ」です。 お尻専用に作られているし、有効な美容成分もしっかり含まれています♪

ブツブツ黒ずみに悩んでいる人に特におすすめ
使用してコンプレックスだった汚いお尻から綺麗なお尻になっていきましたよ^^

1ヶ月以上ピーチローズを使ってみた効果の結果はこちら

おしりトラブル毎の治し方

お尻専用のケア商品一覧

知っておきたいニキビの知識

知っておきたい黒ずみの知識

知っておきたいブツブツの知識

知っておきたいコラム

体験談

ピーチローズの体験談