汚い私のお尻!どうすれば綺麗なおしりになる?納得のオススメのケア方法

皮膚科で行われるお尻の黒ずみの治療方法

病院でのお尻黒ずみの治療法

お尻の黒ずみは、自分ではなかなかケアしにくい部分でもあります。自宅でケアするにしてもどうすれば解消されるのかわからなかったり、一生懸命ケアしても効果が表れずに悩んでしまう事もあるでしょう。

原因が何にせよ、黒ずんでしまったお尻の皮膚の改善は、皮膚科の受診と適切な治療で改善することが望めます。 特に黒ずみが重症化している場合には、セルフケアと併せて皮膚科の治療をしていくことも考えてみると良いかも知れません。ただお医者さんに自分の汚い黒ずんだお尻を見られるのは恥ずかしいですが・・・

そこで今回は、お尻の黒ずみを皮膚科で治す方法だけでなく、別の方法もまとめてご紹介します。

お尻の黒ずみは皮膚科でどんな治療をする?

皮膚科で治るお尻の黒ずみ(色素沈着)についてまとめました。 皮膚科では、お尻の黒ずみの治療をどのような方法で解消されるのでしょうか?

レーザー治療

お尻に光治療レーザーを照射することによって、色素沈着の元であるメラニン色素を破壊します。

また、ピーリングレーザーというものが使用されることがあります。ケミカルピーリングと同様に角質を除去するレーザー治療です。照射作用は弱いものですが、光アレルギーの方には使用できません。

また、レーザー治療は基本保険の適用外で治療費が高めです。1回の施術あたり5万円はみておく必要があります。レーザー治療は繰り返しの治療が前提になりますので、最終的には40万ほど必要になります。基本的にはここまでしなくてもピーリング、保湿クリームで十分お尻の黒ずみは治すことが可能です。

またレーザーには炎症のリスクもあります。レーザーの刺激でお尻の肌が炎症してしまい、赤みやぶつぶつを引き起こす原因になることもあります。

ケミカルピーリング

病院で処方される塗り薬をより効果的に作用させる為にはケミカルピーリングが重要になります。酸を皮膚に塗り古い角質を溶かし取り除きます。皮膚の新陳代謝を促進することにより、黒ずみやくすみ、シミ、ザラザラを改善し肌のキメも整い綺麗になります。

処方薬の塗り薬

皮膚科でお尻黒ずみ用に処方されるぬり薬には、ハイドロキノンやトレチノイン(ビタミンA誘導体)の配合されている塗り薬が主に処方されます。お尻に毎日塗ることで黒ずみ(色素沈着)を解消することができます。

ハイドロキノンには、既にお尻の下部分や座るところに出来た黒ずみをなくす効果があります。 トレチノインには、肌のターンオーバーを2倍にする効果があり、メラニン色素を取り除くのに効果的です。

お尻の黒ずみに効果的な2つの成分ですが、誤った量を使用すると非常に危険。個人輸入は絶対にしないようにしましょう。 また妊婦は絶対に使ってはいけません。

処方薬の内服薬

ビタミンC、ビタミンE、トラネキサム酸などの薬を内服し、身体の内側から黒ずみを改善していきます。

また、病院で処方されるピーリング石鹸や美白クリーム、保湿クリームなどを併せて使用することによって、より黒ずみへの効果があるでしょう。市販薬では、お尻専用に開発されたピーリングジェルや保湿クリームもありますので、後ほど紹介するそちらを購入するものオススメです。

皮膚科での治療とセルフケア!セルフケアで黒ずみを無くすことはできる?

皮膚科でのお尻の黒ずみ治療は、身体の外側からと内側からの総合的な治療により、お尻の黒ずみは改善されていきます。

しかし、病院での治療は場所がお尻なだけに行くことを躊躇してしまうかもしれません。お尻の上の方であればまだいいですが、お尻のほほやデリケートゾーン近くの黒ずみとなると診療を受けるのはとても恥ずかしいものです。

できればセルフケアで、自分でお尻の黒ずみは治したい!と私も思いましたし、良く病院以外他に対策はないの?と聞かれる事でもあります。

実際お尻の黒ずみは、原因が怪我や病気でなければ、時間をかけてしっかりとケアしていけば自宅でのスキンケアでも改善することは可能です。 お肌のターンオーバーが正常に働けば、一ヶ月後には新しい皮膚が再生されます。根気強くケアしていくことによって、色素沈着する前の本来の綺麗なお肌の色に戻すことができるでしょう。

黒ずみ対策には、角質の除去と摩擦を与えない事、また十分なお尻にあった保湿クリームやジェルが必要です。 お尻専用のケア化粧品を使う事をオススメします。特にピーチローズは有名です。

>ピーチローズをお尻黒ずみに使用してみた

私も最終的にはセルフケアで、お尻の黒ずみを治しました。時間は2ヶ月ほどかかりましたが、誰にも知られること無く治せて満足です。

黒ずみをなくす為に私がやったことは、単純で色素沈着の1番の原因となる刺激を与えないようにしつつ、上で紹介したお尻専用のケア化粧品で毎日保湿してあげただけです。

また、たとえ皮膚科で受診し治療を終えて、綺麗なお尻になったとしてもお尻黒ずみの原因をつくらないようにしなければまた繰り返す結果になります。 黒ずみの予防対策も万全に整え綺麗なお尻を保ちましょう。

なぜお尻に黒ずみが出来るのか?原因についてまだ知らない方はお尻に黒ずみができる原因について知っておきましょう。

PS.東京、大阪、名古屋と「各都道府県名+お尻黒ずみ+皮膚科」で検索されてこのページを見られる方が多いのです。どうせ行くなら少しでも口コミで評判・人気のところ!という気持ちは分かりますが、まずは、近くの皮膚科を受診してください。 私の方でも時間を見つけてネット上での各病院の黒ずみ治療で評判の良いところをまとめていきたいと思います。

おしりトラブル毎の治し方

お尻専用のケア商品一覧

知っておきたいニキビの知識

知っておきたい黒ずみの知識

知っておきたいブツブツの知識

知っておきたいコラム

体験談

ピーチローズの体験談