汚い私のお尻!どうすれば綺麗なおしりになる?納得のオススメのケア方法

お尻の皮膚が痒い!そんな時にすべき痒み対策

お尻の皮膚が痒い時、どのようなケアをすればよいのでしょうか? また、痒みの原因には何が考えられるでしょうか。 原因がわからないまま放置してしまったり、気にせず引っ掻くことで色々なトラブルが起こる可能性があります。

痒みの原因

乾燥によるもの

「皮脂欠乏性皮膚炎」といわれ、乾燥する冬の季節はもちろんのこと、エアコンなどにより肌が乾いてしまっている場合にも起こることがあります。乾燥している肌はより刺激に敏感に反応してしまうことから、軽いアレルギーの場合にも痒みが起こることがあります。また、掻いてしまうことでさらに皮膚が傷つき、炎症を起こしやすくなります。

この痒みを我慢しきれずに掻き壊す事を繰り返すと、細菌等の影響を受け「貨幣状湿疹」という楕円状のかさぶたになってしまうことがあります。

アレルギーによるもの

「接触性皮膚炎」と言われ、下着や薬品が肌に触れることによってアレルギー反応をおこし、痒みが出ます。決まった種類の下着や衣類、または洗濯洗剤を変えたことにより起こる場合など、原因の究明は比較的しやすいでしょう。

汗疹

汗をかいたことによる湿疹。汗で皮膚が濡れた状態が続くと、細菌が繁殖し炎症を起こします。

痒みを放置すると危険

痒みを解消することなく放置、または掻いてしまうと、全身に湿疹が広がる皮膚炎を起こすこともあります。 悪化する前に皮膚科を受診するなどの対策を取ることがとても重要です。

また、掻いてしまうことで、皮膚の黒ずみや色素沈着も起こしてしまいます。

お尻の痒み対策

下着や洗剤などの薬品が原因とわかった場合には、その原因となる物質を生活の中から排除することによって、痒みは収まるでしょう。

また、汗疹の場合は汗をかいてからできる限り時間を置かずに洗う事と、その後の保湿により改善します。洗うことができない場合はふき取りのできるシートなどを使う事で改善されるでしょう。

しかし、お尻のお肌の痒みはほとんどの場合、乾燥と皮脂不足が原因です。また、乾燥はニキビの原因の一つでもありますし、アレルギーや敏感肌の原因である皮膚のバリア機能低下にもつながります。 保湿が一番の痒み対策といえるでしょう。保湿剤を塗ることによって、お肌のバリア機能を正常に戻しましょう。 また、洗いすぎによる乾燥やボディーソープなどがお肌に合っていない可能性もありますので注意が必要です。 さらにできる限り清潔な下着を身に付ける事や、入浴時などのすすぎ残しにも気を付けましょう。

保湿をしっかりした上で、痒みが治まらない場合には他に原因がある可能性がありますので、皮膚科を受診することをオススメします。

おしりトラブル毎の治し方

お尻専用のケア商品一覧

知っておきたいニキビの知識

知っておきたい黒ずみの知識

知っておきたいブツブツの知識

知っておきたいコラム

体験談

ピーチローズの体験談