汚い私のお尻!どうすれば綺麗なおしりになる?納得のオススメのケア方法

リラックスヨガでキレイなお尻を手に入れよう

今では芸能人やモデルの中にも当たり前のように取り入れられているヨガは、古代のインドで誕生した修業法です。ダイエット目的で始める人もいますが、元来は姿勢を正し呼吸を整えて健康な精神と体を作るためのものです。精神的な効果が高いものですが、ダイエット効果を目的として日本でも広く浸透しています。

体を動かしながら、精神のバランスを取るのが古くからのスタイルですが、最近は「ハタヨガ」といって体のバランスを整えて健康な体やスリムな体を作る目的のエクササイズが人気です。

ヨガはポーズに合わせて呼吸を変えますので、普段は使うことのない筋肉を動かし骨を矯正していきます。深い呼吸は心肺機能を高めて、代謝を高くし血行促進効果も期待できます。内臓や免疫機能にも高い作用がある事や、激しい動きがないので年齢は関係無く誰でも体1つで始められます。自分の体に眠る治癒力を高めるので健康な体を作り元気になれます。

ヨガのポーズを見てみると、普段は使わない筋肉を動かすものが多くあります。一見簡単そうですが、体のバランスが乱れていると上手くポーズを取ることが出来ません。これは体の歪みが原因で、何度も同じポーズにチャレンジすることで、体のバランスが良くなり引き締まっていきます。呼吸を使うことで、小さな動きでも脂肪を燃焼するので、お尻のように血行が悪く脂肪が多い部分には効果も出やすいのです。

お尻に効果的なヒップアップポーズ

たるんだお尻や横に広がってしまったお尻を引き締める為のヨガのポーズを紹介します。

ヨガは腹式呼吸が基本となるので、大きく息を吸ってお腹に空気を溜めて口からゆっくり吐き出す練習をしておきましょう。

英雄のポーズ

真っ直ぐに立って片足を肩幅程度に出します。膝の角度が90度になるようにします。反対の足は後ろに伸ばしますが角度を45度位外側に開きます。顔は真っ直ぐに前を見て、両手は横から真っ直ぐ伸ばし手のひらを合わせます。ゆっくりと息を吸って吐きだします。(30秒)ポーズをキープ出来たら、ゆっくりと体を戻します。左右を1回づつ行います。

犬のポーズ

お腹を引き締める有名なポーズですが、インナーマッスルを鍛えてお尻を引き上げる効果もあります。四つん這いになり手は肩幅に開きます。足は腰の幅に開いてお尻を上に引き上げる事を意識してください。手のひらと足の裏は大地に吸い付くような感覚でキープし30秒感腹式呼吸を行います。目線はおへそを見るようにしましょう。

鋤のポーズ

寝転がり両手は床に真っ直ぐに伸ばします。両足は真っ直ぐに揃えて息を吸いながら垂直に上げます。吐きながら足をゆっくりと頭の後ろに伸ばします。体の硬い人は無理のないようにしてください。慣れると床に爪先が付くようになります。

他にもヒップアップに効果的なポーズはありますが、体が硬くても行えるポーズを紹介しました。ヨガは呼吸法で体の筋肉を柔らかくしていきますので、継続していく内に柔軟性が高くなってきます。基本のポーズから、徐々に慣らしていくと気持ちもリラックス出来て、新陳代謝も上がりますからヒップアップ効果も高まりますよ。

私イチオシのお尻ケア商品『ピーチローズ』

お尻のケア商品を試してみて、一番おすすめだと思ったのが、「薬用ピーチローズ」です。 お尻専用に作られているし、有効な美容成分もしっかり含まれています♪

ブツブツ黒ずみに悩んでいる人に特におすすめ
使用してコンプレックスだった汚いお尻から綺麗なお尻になっていきましたよ^^

1ヶ月以上ピーチローズを使ってみた効果の結果はこちら

おしりトラブル毎の治し方

お尻専用のケア商品一覧

知っておきたいニキビの知識

知っておきたい黒ずみの知識

知っておきたいブツブツの知識

知っておきたいコラム

体験談

ピーチローズの体験談