汚い私のお尻!どうすれば綺麗なおしりになる?納得のオススメのケア方法

意外とできやすいお尻の吹き出物!原因を知りしっかり治療しよう

吹き出物というのは、顔だけではなく身体のどこにでもできますよね。その中でもお尻は意外にも吹き出物ができやすい部位になります。 お尻に吹き出物ができてしまう原因はたくさんありますが、お尻にはその要素がたくさんあります。

ただ原因はいくつかありますが、基本的なお尻の吹き出物の治し方は1つだけ。といっても過言ではありません。 ぜひ、今まで何をしても治らない。吹き出物が痛い。痒い。と悩んでいた方はこれからご紹介する1つのやり方を実践して下さい。

なぜお尻に吹き出物が出来る!?3つの原因に心当たりありませんか?

あなたのお尻に吹き出物が出来る3つの原因は基本的には下記です。

お尻に吹き出物が出来る一番の原因は皮脂の過剰な分泌です。 過剰な分泌は、お尻の洗いすぎや下着の締め付け・擦れ、ボディソープのすすぎ残りなどの刺激によって引き起こされます。 皮脂が多く毛穴にあると、ニキビの原因菌であるアクネ菌の繁殖場となってしまうため吹き出物が出来てきます。

また蒸れの放置は、通気性の悪い下着の着用、汗の放置、生理ナプキンのこまめな取り換えを行わない。といった原因から雑菌が繁殖し吹き出物が出来てきます。

お尻の血行不良は、長時間のデスクワークによる座りっぱなし、サイズの小さな下着による締め付け。が原因で起きます。 血行が悪くなると肌のターンオーバーが正常にはたらなくなり、新しい吹き出物が出来る原因であったり治りにくくしてしまいます。

さらに、そこに乱れた食生活やストレスによるホルモンバランスの崩れが加わればお尻の吹き出物の発症に拍車がかかる事は間違いありません。

吹き出物の改善はこうしたことが原因であることを把握しておく必要があります。

これ1つだけやれば徐々に綺麗になるお尻の吹き出物 治療方法

3つの吹き出物がお尻に出来る原因を見てもらいましたが、全てを気にして対応・治療していたら大変です。

そこで今からご紹介する1つの治療方法を最低1ヶ月毎日行ってみてください。 1ヶ月きちんと毎日していれば、徐々に吹き出物が減ってきた。新しい吹き出物が出てこなくなった。といった効果を実感できます。

やり方は簡単で、顔と同じようにお尻も保湿すること。

たったこれだけです。

先ほどの原因でも書きましたが、皮脂の過剰な分泌が1番の理由でお尻に吹き出物ができます。 刺激を理解してそれぞれの予防対策を行うのは、実際大変です。

下着を新しく購入したり、正しいお尻の洗い方を学んだり、1時間毎に立ち上がったり、、、などなど。それらを全て意識して生活すると疲れてしまいます。 その結果1ヶ月も継続できずに治療をやめてしまいます。

それよりは、1番効果的なお尻の保湿だけを毎日続けてもらったほうが効果的なんです。

1番効果的な保湿の仕方

お尻の保湿にはタイミングがあります。

1番効果を出すには、入浴後がベストです。 入浴後はボディソープで脂分が減っています。そうすると肌を守るために皮脂を分泌しようとします。

そうならないように、美容成分がたっぷりはいった保湿ジェルでケアしてあげましょう。 保湿ジェルには、角質層の厚いお尻でもしっかりと浸透するものがいいです。

顔用の化粧水などは、分子が大きく重要な成分が肌の奥まで届きません。 しかし、お尻専用に開発された保湿ジェルならナノ化によって肌の奥まで有効成分を届かすことができます。

吹き出物を治すためにおすすめしたい保湿効果抜群の薬用ジェル

お尻の吹き出物におすすめの保湿ジェルは「薬用ピーチローズ」です。 ピーチローズなら、保湿効果が12時間持ちますし、何よりお尻専用に開発された保湿ジェルになりますからナノ化により有効成分が肌の奥まで届きます。

潤い成分には、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンEが効きます。 また吹き出物に有効なグリチルリチン酸2Kも配合されていますから、既にある吹き出物にも効きます。

肌の刺激となる添加物も含まれていませんから、安心して毎日使っていくことが出来ます。

おすすめのピーチローズを使ってでもいいですし、その他のお尻専用保湿ジェルを使って、1ヶ月毎日お風呂あがりにしっかり保湿してみてください。 たったこれだけ?と思うかもしれませんが、1ヶ月後に実感できる効果はあります。

お尻に吹き出物を作らないためには予防も大事

お尻に吹き出物を作らない予防方法は、マメな方限定でお願いします。 細かな予防法をやるよりも確実に保湿対策を行っていったほうが効果的だからです。

予防方法を取り入れることのデキる人は、毎日の保湿対策にプラスαしても1ヶ月続けられる人限定です。

お尻の吹き出物を予防するには、刺激を無くすことが必要です。圧力を軽減するために座る時にはできる限りクッション性のあるところを選えらび、下着は肌への刺激の少ない素材(綿)のものを身に付ける事を心がけると良いでしょう。

お尻にも毛穴があります。毛穴の汚れや詰まりを取る為には、入浴時にお湯につかり十分に毛穴を開かせ、良く泡立てた弾力のある泡でそっと洗う事が重要です。ゴシゴシ洗えば悪化する可能性がありますので気を付けましょう。 洗浄剤のすすぎ残しも吹き出物の原因になります。椅子に腰かけたまま身体を流すと、お尻に洗浄剤と汚れが溜まりやすいので意識してしっかりとすすぎましょう。

吹き出物は外側からの要因だけではなく身体の内側からも原因があることから、食生活の改善や睡眠を十分とることが大切です。気を付けることによって吹き出物だけではなく身体全体が健康になるので実践しても損はないでしょう。 お尻のケアは吹き出物ができないようにすることも大事です。毎日のケアをしていくとともに生活習慣も見直すことをオススメします。

1ヶ月治療方法を試したけど吹き出物がよくならない方は皮膚科へ

また、吹き出物の跡を残さないためにも、できてしまったら素早く治す必要があるでしょう。 吹き出物の状態によっては専門医の皮膚科を受診した方が良い場合があります。ほとんどの場合、ビタミン剤や抗菌効果のある内服薬と塗り薬が処方されます。。 判断を誤まると悪化し、吹き出物は治ったとしても色素沈着として残ってしまう事もある為、綺麗なお尻にするためにはより時間がかかってしまいます。気を付けましょう。

またもしかしたらただのニキビではない可能性もあります。

酷い場合は皮膚科の受診へ

お尻の吹き出物と思っていたけど違った!?吹き出物の種類

お尻の吹き出物には、種類があります。

ニキビ(尋常性痤瘡)

お尻の吹き出物=お尻のニキビを表します。 アクネ菌が原因で炎症を起こし出来物になります。ニキビの原因はアクネ菌と皮脂になります。

毛嚢炎(毛包炎)

感染症の一種で、ブドウ球菌が繁殖して起こります。 赤い湿疹がポツポツと出ていたらこの毛嚢炎(毛包炎)の可能性が高いです。

この場合は自然と治ることが多いので、特に治療は要りません。

粉瘤(アテローム)

粉瘤が出来る原因は未だに解明されていませんが、人間生きているうちに1個は必ず出来るという症状です。

特に身体に悪いことは引き起こさない為治療をしなくても大丈夫です。 粉瘤自体は、良性の腫瘍になりますので、取り除きたいときには切除手術が必要になります。

入院などは必要がなく、小さい腫瘍でしたら10~30分ほどで完了してしまいます。

私イチオシのお尻ケア商品『ピーチローズ』

お尻のケア商品を試してみて、一番おすすめだと思ったのが、「薬用ピーチローズ」です。 お尻専用に作られているし、有効な美容成分もしっかり含まれています♪

ブツブツ黒ずみに悩んでいる人に特におすすめ
使用してコンプレックスだった汚いお尻から綺麗なお尻になっていきましたよ^^

1ヶ月以上ピーチローズを使ってみた効果の結果はこちら

おしりトラブル毎の治し方

お尻専用のケア商品一覧

知っておきたいニキビの知識

知っておきたい黒ずみの知識

知っておきたいブツブツの知識

知っておきたいコラム

体験談

ピーチローズの体験談