汚い私のお尻!どうすれば綺麗なおしりになる?納得のオススメのケア方法

なぜおしりにできものが出来る!?作らない為のスキンケア

おしりにできものができると、座る時の違和感や痛みだけでなく、できものが跡になり色素沈着による黒ずみが起こることあります。

そうならないためにはおしりのできものを予防することが一番です。 まずは原因をしっかり把握することが重要です。

おしりのできものはなぜできるのか

皮脂量が少なく乾燥しやすいおしりは、座っている時の圧迫などにより、おしりの皮膚の角質が固く厚くなってしまします。 そうなれば、ターンオーバーが乱れて毛穴をふさぎやすく、ニキビの原因であるアクネ菌が繁殖しやすくなります。

また、入浴時のシャンプーやボディソープが肌に合わないためにアレルギー反応を起こしている場合、もしくは洗った後のすすぎが十分でない場合も炎症を起こしできものができる可能性があります。

おしりは蒸れやすい環境にあることから、汗をかいた後に放置したことによる汗疹(あせも)の可能性もあります。

予防対策

おしりは皮脂量が少ないにもかかわらず、摩擦などの刺激が多いため新陳代謝の悪化を起こしやすいので、ニキビなどのできものができやすくなります。 ターンオーバーを正常に戻すには、生活習慣の見直しと、正しいスキンケアが必要です。

このような生活習慣を根本から見直すことによって、おしりのできものの予防をしましょう。

また、入浴時は擦らないように洗う事、すすぎ残しがないようにに気を付け、入浴後は成分の良好なべたべたしすぎない保湿剤を使い保湿することを心がけましょう。

古い角質が溜まっている場合は、ピーリング化粧品を使ってみるのも良いでしょう。 できるだけ刺激の少ないものを選び、ゴシゴシ擦ることなく行いましょう。 使用頻度を守らずに使いすぎてしまうと、肌を削りすぎたために、黒ずみが発生する事もありますので、注意が必要です。 使用後はお肌がよりデリケートになりますので、保湿を忘れずにしましょう。

汗をかいた時にはできれば下着を替えるのが一番ですが、できない場合はこまめに拭くなどの処置をした方が良いでしょう。 擦らないようにそっと拭くようにします。

まれに粉瘤という良性の腫瘍の場合があります。粉瘤はニキビに似ているので間違えやすいのですが、自然に治ることはありません。同じところに繰り返し発症する場合や、毛穴がくぼんで見える時には、医師の診断を受けることをおすすめします。 また、できものが化膿したり悪化した場合も皮膚科の受診が必要でしょう。

おしりはデリケートな部分にもかかわらず、摩擦や圧迫、ムレなどの刺激に常にさらされている部分です。 綺麗に洗った後は保湿などのスキンケアをしてあげる事をおすすめします。 こまめにお手入れすることによっておしりのできものなどのトラブルは起こりにくくなります。

私イチオシのお尻ケア商品『ピーチローズ』

お尻のケア商品を試してみて、一番おすすめだと思ったのが、「薬用ピーチローズ」です。 お尻専用に作られているし、有効な美容成分もしっかり含まれています♪

ブツブツ黒ずみに悩んでいる人に特におすすめ
使用してコンプレックスだった汚いお尻から綺麗なお尻になっていきましたよ^^

1ヶ月以上ピーチローズを使ってみた効果の結果はこちら

おしりトラブル毎の治し方

お尻専用のケア商品一覧

知っておきたいニキビの知識

知っておきたい黒ずみの知識

知っておきたいブツブツの知識

知っておきたいコラム

体験談

ピーチローズの体験談