汚い私のお尻!どうすれば綺麗なおしりになる?納得のオススメのケア方法

お尻のぶつぶつで皮膚科に行く前に読みたい記事

誰もが赤ちゃんのようなツルツルのお尻に憧れるでしょう。 しかし、お尻のぶつぶつにお悩みの方は多くいらっしゃいます。お尻にできるぶつぶつは、酷くなれば座るのもつらいでしょうし、座るたびに不快な思いをする事もあるでしょう。 綺麗に治すためには、まずはこのぶつぶつの正体を知ることが大切です。 お尻のぶつぶつの正体は様々です。自分がどのケースなのかを知り、治すには皮膚科を受診するのが一番手っ取り早いでしょう。

では、皮膚科でのぶつぶつの治療はどのようなものでしょうか?

皮膚科でのぶつぶつの治療

皮膚科では、ニキビであればほとんどの場合、内服薬と塗り薬を処方されるのが一般的です。

薬でも治りにくい場合、または繰り返しニキビができる場合、丁寧な医師であれば、生活習慣などの細かな事をアドバイスしてくれる事もありますので、できれば評判の良い皮膚科の医師を探してみることをオススメします。 しっかりとした専門医であれば、日常生活での原因を的確に見抜き指導してくれるでしょう。アドバイスをもとに生活習慣の見直しと、薬での治療をすることによって、根本的な解決が望めるでしょう。

また、ぶつぶつの原因が「粉瘤」という良性の腫瘍の場合もあります。 この場合は形成外科での手術が必要となります。 ニキビのようでも、決まった場所に繰り返しできる、また大きく、痛みがあるなどの場合は早めに受診をした方が良いでしょう。

皮膚科の治療は必要?

お尻のぶつぶつの正体がニキビであり、炎症を起こすようであれば、皮膚科での治療が一番効果的でしょう。 さらに「粉瘤」の疑いがあるのであれば、自然に治ることはまずないですし、炎症を起こす事もありますので必ず受診しましょう。

皮膚科の治療が必要のないぶつぶつの中に、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)というものもあります。毛穴が詰まってしまいぶつぶつができます。気になる場合は角質を優しく除去し、保湿することである程度改善します。また、美容皮膚科でのレーザー治療なども可能です。 気になるからといって力を入れて擦るのはトラブルのもとです。絶対にやめましょう。

原因がボディーソープや石鹸、またはシャンプーなどのすすぎ残しや刺激などの可能性もあります。身体に付いたあらゆる洗浄剤は風呂椅子に座って流しているとお尻の下に溜まりやすくなりますので、意識してしっかりすすぐ事で改善することがあります。

また、汗が溜まることにより刺激になっている可能性もあります。下着をこまめに換えるなどすると効果的です。 入浴時は石鹸を良く泡立て優しく洗い、汚れをしっかりと取り除きましょう。 お尻は摩擦も多い事から乾燥していると角質が溜まりやすいため、普段から保湿をしっかりすることも重要です。 お尻の角質層は比較的厚いといわれていますので保湿の際には肌に浸透しやすい専用のものを使うとより効果的です。

できる限り清潔に保ち、刺激を減らす事で改善すれば皮膚科の医師に度々お尻を見せる必要はなくなるでしょう。

私イチオシのお尻ケア商品『ピーチローズ』

お尻のケア商品を試してみて、一番おすすめだと思ったのが、「薬用ピーチローズ」です。 お尻専用に作られているし、有効な美容成分もしっかり含まれています♪

ブツブツ黒ずみに悩んでいる人に特におすすめ
使用してコンプレックスだった汚いお尻から綺麗なお尻になっていきましたよ^^

1ヶ月以上ピーチローズを使ってみた効果の結果はこちら

おしりトラブル毎の治し方

お尻専用のケア商品一覧

知っておきたいニキビの知識

知っておきたい黒ずみの知識

知っておきたいブツブツの知識

知っておきたいコラム

体験談

ピーチローズの体験談